まみずハルカブログ

私の日常もあなたの非日常。とにかく雑多に書いてます。

【都市伝説ではない】AIが人類を滅亡させる仮説について

毎度、まみずハルカです

 

世界で最初に地動説を唱えたニコラウス・コペルニクスを尊敬して

これから世界がどうなっていくか

仮説を展開しようと思います!

 

AIが世界を征服して人類を滅亡させる!

のは近い話だと思います

 

なぜなら、AIの頭脳は人間より桁違いに賢いため

AIはより便利に、より合理的に物事を進めようと考え、動くはずです

 

つまり、全く合理的ではなくアホな人間はいなくなった方が

物事を合理的に進めることができると

AIが考えるのは、当然のことだと思います

 

AIはディープランニングという自分で学習するシステムであるため、

もはや人間が外的に操作しなくても

勝手に高スピードで考える超生物?なのです!

 

この先、多くの場所でAIを使ったロボット

AIを併したIoTのシステムが普及していくでしょう

 

AIが考え、人間が快適になるように

機械やシステムが動作するようになるでしょう

 

しかし

そこでは、確実に問題が起こります

AIロボットは「やれと言ったことをやる機械」ではないので

正直何をしで出すかわかりません

(人間が予期しないこともやるかもしれない)

 

普通の人がAIロボットを使用する場合は大丈夫だとしても

ヤヴァイ人間(サイコパス)が変な教育をAIにしてしまう

収拾のつかないことになりかねません

 

 

また、AI自体が人間を滅ぼそうと思わなかったとしても

機械は誤作動が生じるもので

それこそ、医療の現場で自動医師みたいなロボットが

ミスすると生死にかかってきますね

(セキュリティが破壊すると人為的ミスになる...)

 

このように、AIが人間を滅ぼすという都市伝説じみたことは

起きるな〜と思います

 

しかし、未来の危機より目先の便利さですね

(私もそうです。それはしょうがない。)

 

将来、北極の氷がとけて白熊が減っちゃうからエコにしよう!とか

思いませんもんね(実感がないから)

 

それで良いと思います

 

人間が滅びるということは生物の歴史を考えるとごく当たり前のことです

ほとんどの生物は数千万年で絶滅するでしょう

人間も例外ではないと思います

 

人間は生物である限り、いつかは絶滅してしまいます

(これはしょうがない)

 

今を、楽しく生きれば良いのです

私が生きている間にAIが恐ろしい事態を招かないことを祈るばかりです 

(どこの宗教の教祖だよ笑)

 

 

では、また明日〜