まみずハルカブログ

私の日常もあなたの非日常。とにかく雑多に書いてます。

関節ポキポキについて

こんにちは、まみずハルカです

 

私は、昔から関節を鳴らすのが好き

よくポキポキ鳴らしてました

 

よく指の関節を鳴らしすぎると指が太くなる

言われていましたが、

実際は違うらしいですね

 

あくまでもネット情報ですが

鳴らす事で害はないのです

鳴らしたくなるのは、クラップ音によって

滞りが解消された気になるからという事らしいです

(カッパえびせんの食感にハマるのと同様ですね)

 

しかし、

指だけならまだしも

腰、首、顎、膝などあらゆる関節を鳴らすことができます

(肩甲骨と肩甲骨の間も鳴らす技を身につけた笑)

 

無理やり鳴らさなくても

かがんだだけで膝の関節が鳴るなど

弊害があります

 

運動不足でそうなるという説がありましたが

中高運動部だった当時でさえ

関節がなるのはあったので、この説は違う気がしてなりません

(体操の時に鳴るのは少し恥ずかしかったな...)

 

関節から音が鳴るだけで

体に損傷がないのなら良いのですが

科学が時代とともに変わって

関節はなるべく鳴らさないように!」という

風潮になると困りますね

(「早く言ってよ〜」と思うでしょう)

 

関節ポキポキは心地よいので

個人的には

健康的!と科学的に証明してほしいと思います

 

なんなら

関節ポキポキ選手権があったら割と上位にいける自信があります

(ギネスとか、もはやありそうだな)

 

一方、私と違って

鳴らそうと思っても鳴らない人がいますよね

(こういう人の方が運動不足っぽい人が多い気が...)

遺伝もあるのでしょうか

 

昔から、気になってネットで調べてきましたが

なかなか

新しい研究がなされていないようですね

(現時点で弊害がないから、研究者のやる気が無くなるのかな...)

 

これからも定期的に関節ポキポキについて検索していこうと思います?

 

では、また明日〜