まみずハルカブログ

私の日常もあなたの非日常。とにかく雑多に書いてます。

蜷川実花展@大分市立美術館レポート

こんにちは、まみずハルカです。

 

先日、大分市立美術館にて蜷川実花展を見に行ってきたので今回はその感想を書きたいと思います。

 

初めて、私が蜷川美花に注目したのはヘルタースケルターという映画でした。

 

ビビットな色とグロさが融合した幻覚の映像が印象的ですね。

その映画は前も書いたように大好きなので、蜷川実花は気になる存在でした。

 

そして、美術館に行く機会があり蜷川美花の写真を生で初めて見ました。

 一つ一つの写真を見るというよりその空間を味わうという感じでした。

写真展などは一枚の写真を見て浸りますが、蜷川実花の写真は一枚の写真の芸術性がどうこうの問題ではなく雰囲気を感じて浸るのに近いなと感じました。蜷川ワールドと言われる所以ですね。

 

空間が仕切られていて、空間ごとにテイストが違う写真が飾られていました。

(と言っても蜷川実花らしい写真というのは共通していました)

壁一面に引き伸ばされた写真が貼られていたりと普通の写真展とは趣が異なるものでした。

 

個人的には、写真の配置・組み合わせ・ぼやけ具合に関して正直、

真っ向で「素晴らしい!」と言えない作品が多かったと思います。

 

つまり、「誰が見ても美しい」という作品ではなくて

見る人を選ぶ作品なのかなと感じました。

 

ものによっては「この写真の中にこの写真をどうして置く?」や

普通の人がこのボケた写真を撮ったら失敗と思って削除するんだろうなー

と思ったりしました。

 

シンプルに綺麗なものでないからこそ沢山考えさせられました。

私だったらこの写真とこの写真を組み合わせないなと思ったりなど、

自分と違う趣向を発見することができたなと思います。とても、学びになりました。

 

 

私は美術館が好きで、よく行きます。

そして、毎回決まって「絵が描きたい!」「写真が撮りたい!」と感じます。

今回もやはり私のアート欲が刺激されました。

 

いつもながら傲慢にも

「これくらいなら私でも描ける!」(気がするだけ)

「これくらいなら私でも撮れる!」(気がするだけ)

と思ってしまいます。しかし、蜷川実花のように

私はグロいものや気持ち悪いものを撮るのもできないなと感じました。

仮に、撮れたとしても

絶対このような組み合わせができないなと思いました。

 

自分がどう頑張っても生み出せないものであるからこそ

蜷川実花の作品はなぜか私を惹きつけてしまうのかもしれません。

理解しにくいからこそ、アートについて考える余地がより生まれるのかもしれないですね。

 

 

では、また〜