まみずハルカブログ

私の日常もあなたの非日常。とにかく雑多に書いてます。

昔から先生が嫌いだった話

こんにちは、まみずハルカです。

 

今日はみんな大好き(大嫌い)の先生の話をしたいと思います。

 私は先生の9割は嫌い、あるいは苦手です。

ここで言う先生とは、義務教育の期間に生徒を教える立場にある人のことです。

 

私が先生というものを苦手とする理由は二つあります。

論理的ではないことへの不信感」と「権力行使」の二つによります。

「 先生の言う事はよく聞きなさい」と多くの親は子供に教育しているのではないでしょうか。(幸いにも、私の親はそんなことは言わなかったけど...)

 

しかし、先生は子供に命令するのは許されていないはずです。

子供であっても、一人の人間であるため基本的人権は尊重されなければいけません。

(憲法だ!)

教育と命令は似ていてはいけないと私は思います。

しかし、多くの先生は「〜しなさい」と言ってしまうわけですね。

 

それが、「その生徒のため」というのは論点がずれていると思います。

 

小さい時に、「先生の言うことを絶対聞かなくてはいけない」ということを洗脳する

日本の義務教育はどうかと思います。

(また、現状の教育批判になってしまう...)

 

昔から私は、先生のこのような態度に対して反抗的で生意気だったと思います。

少なくとも、従順で懐くような子供ではなかったです。

(あまり先生と関わりたくなかったため、特別なアクションは起こさなかったですが...)

 

当時の私はプライドが高く上から指図されたくない気質だったのか、

先生という偏った職業につくような人が苦手だったのか今でも分かりません。

 

しかし、私の心には「将来は小中高の先生には絶対なりたくない」という思いが

根付きました。

(きっと人に教え導く系の仕事は向いてない...)

 

はい、ここまで「嫌いな先生」について語ってきました。

次の記事では、好きな先生像について書きます。

(教育への不満は以前書いた...教育においては教師の存在が大きいからこのタイミングで書いときます...) 

 

では、また〜

 

mamizuharuka.hatenadiary.jp