まみずハルカブログ

私の日常もあなたの非日常。とにかく雑多に書いてます。

今更だけど、私のセンター試験(2016)を振り返る

毎度、まみずハルカです。

 

今回は、先日大学入試センター試験があったので

自分のセンター試験を3年越しに振り返ってみようと思います笑

(懐かしいなー...)

 

私の受けた年は2016ですが、3年経った今でもセンター試当日の様子や

手応えは覚えています。

<1日目>〜国語と英語〜

まず、私の受けた年は、国語が簡単でした。平均点は例年のプラス15点くらいだったと思います。

しかしそんな中、私は国語で7割を切るということをやらかしてしまいました!

 

もともと国語は苦手だったのでセンタープレ試験の時などは最後の1分まで時間をかけて解いていました。

しかし、センター試験当日は試験時間が余る余る。(流石に汗かきますわな...)

自分でも驚くくらい、スラスラ解けたのを覚えています。

 見直しをした時に、回答を変えてしまうと直した前の方が正しいという事がよくありますよね。だから、見直しをしても回答はほとんど変えませんでした。しかし、蓋を開けてみたら驚愕の点数だったのです...笑

(今だから笑える)

 

また、この日を境に古文や漢文を今の今まで見ていません。

やはり、受験勉強は日常生活に役に立たないからこそ贅沢ですよね。

(東大を受ける人は理系でも国語使う...)

 

そして、

英語は例年通りの難易度今で通りの成績をおさめました(印象が薄い)

 

 

そして、

地理は、勉強した割にはできなかったですね。

これは試験問題が悪いと思います。過去問を解いているうちからわかっていましたが、

地理の問題は暗記でどうこうなるものではないのです。

見たこともないような資料を読み取らなくてはいけないのです。

しかし、模試の段階でもあまり得点できていなかったので

地理の悪さは想定の範囲内という感じでした。

(いつも通り悪い...)

 

<2日目>

理系メインの日です。

私は、数学ⅠA・数学ⅡB・物理・化学を受けました。

 

全体的に「まあ、できた」と思います。

二次試験のある理系の人にとってはできてないと厳しいですよね。

 

一つ自慢できることは数学ⅡBで100点(満点)をとったことです。

大抵、ⅠAの方が簡単で模試や過去問ではⅠAの方が点数が高いことが多かったのですが

当日はⅡBの方がよかったです。

 

 今の私にとって、センターの試験の点数なんてどうでも良いことですが、

当時は1点を争って勉強してたと思うと不思議ですね。

 

受験勉強は異様な雰囲気があると思います。

やってよかった!と人はよく言いますが果たしてやってよかったのか未だに疑問です。

(現状、学歴社会だから今のところ必要悪かな...)

 

以上、

センター試験という響きが懐かしかったので振り返ってみました。

 

 

では、また〜