まみずハルカブログ

私の日常もあなたの非日常。とにかく雑多に書いてます。

理想主義で現実主義な人間について

こんにちは、まみずハルカです。

 

皆さんは現実主義者(リアリスト)ですか。

それとも、理想主義者(アイディリスト)ですか。

(哲学っぽい笑)

 

最近、ふと自分はどっちなんだろうと考えていたのですが

結局、決められませんでした!

 (決める必要ないですよね笑)

 

決められない理由として、この二つは相反する事象ではなく互いに独立な事象なのです。(数学笑)

 つまり、両立するということです。

 

私を例に挙げましょう。

 

私は計画性がなく衝動的な行動をよく取ります。

例えば一人で人狼カフェに行ったり、ボートレース場に行ったりします。

その時は、特別何かを深く考えることもなく「ふわっと」楽しみます。

これは、現実的に必要なものよりも「今の理想」で動いていることに近いと思います。

明らかに、地に足を着いていたらしない選択と考えられるからです。

 

そして実際にこのような行動を起こした後、私はその経験をブログで書いたりノートに書き留めたりします。

過去にあったことを振り返っていちいち分析するのです。

 

何かをして、「楽しかった〜おしまい〜」ではないのです。

経験で得た学びを自分の中に落とし込みます。

これは今の自分と向き合う作業にあたり、現実主義と言えます。

 

このように理想主義的な局面と現実主義的な局面があるのです。

私だけに限らず、人はこれを繰り返されしながら生きていると思うのです。

 

その両面を持っていることを理解しつつ、

「自分は理想主義的な局面が多いから理想主義者!」と言うのは問題ないと思います。

 

ウィキペディアで理想主義と現実主義について調べました。

しかし、私が思っている定義のものは哲学の分野においては違っているようでした。

人生論・政治論における理想主義と現実主義の定義がしっくりきたので

それについて書いていると思ってください。

 

 

では、また〜