まみずハルカブログ

私の日常もあなたの非日常。とにかく雑多に書いてます。

【就活】就活生の雰囲気で企業を紐解く

毎度、まみずハルカです

またもや就活について書かせてください!

 

沢山インターンに参加すると

「この企業になら入っていいなー」

「この企業には入りたくない!」

などと企業の優劣が見えてくると思います

そして、その判断基準は様々だと思います

 

「社員さんが感じよかった」

「自分のやりたいことにマッチしている」

という判断が多いのではないでしょうか

私は、もう一つ重要な判断基準として

「どんな就活生が来ているのか」

を考えてしまいます

 

とあるインターンを例として書きたいと思います

その会社は人材系の大手企業でした

福利厚生はもちろん立派ですし、社員さんも堂々としている方が多く好感度が高かったように思えます

1回目のインターンを終え、次のステップに進みました

そして、新たなインターンをしに大阪まで行きました

大阪の会場に来ている就活生はとてもやる気に満ちていました

それに伴い、「社員に自分をアピールしたい!」と舞い上がってしまったんでしょう

何回も同じようなことを言ったり、まとめたがったり、時間配分やってますよアピールをしていたり....とにかくカオスな状態でした笑

 

ふと、我に返った時「このような性格の人と一緒に働くのは嫌だな」

思ってしまったのです

初めは魅力的に見えた企業だったのですが、一気に熱が冷めてしまいました

(新卒情報のメールが未だに来てるな...)

 

インターンは他の就活生とグループワークをすることが多いです

グループワークで接するのは企業の社員ではなく、自分と同い年の就活生なのです

つまり、その会社の印象は多かれ少なかれ来ている就活生から影響を受けると思います

 

会社によって来ている就活生の雰囲気が全く違いますよね

(男女比もわかると思います)

 

しっかり者でA型きれいめ女子が多いインターン

やる気の満ち溢れた男子が多い体育会系インターン

全員覇気がなく、静まり返った葬式系インターン

「私服可」と書かれているからしっかり私服で来ているインターン

 

いろんなインターンに行って来たなと改めて思います笑

 

(行けば行くほど、他社比較できるのでインターンはたくさん行くのをお勧めします)

「どんな人たちと働きたいか」の判断基準を「人事の雰囲気」だけを見て判断するより、「就活生の雰囲気」見るのもまた大事だと考えました

 

では、また明日~