まみずハルカブログ

私の日常もあなたの非日常。とにかく雑多に書いてます。

【就活】大手企業VSベンチャー企業

どうも、まみずハルカです

 

大手企業とベンチャー企業とで「どちらが自分に向いてるんだろう」

遅かれ早かれ、就活生は考えるはずです

(「絶対大手!」とか「大手に入れないわ!」と考える人は分かりませんが...)

 

大抵、

大手=安定

ベンチャー=リスク

と考えられていますね(まぁ合ってますが...)

 

しかーし

収入、福利厚生の充実だけで仕事を決めて良いのでしょうか

 

ある意味、上の関係は次のように表されます

大手=年功序列

ベンチャー=実力

 

安定というのはとても良い言葉ですが

上司や社長に従わなければいけないし

自社の部門とは関係のない新規事業はほとんどしないでしょう

つまり、大手企業は 

今までの成功した事業を展開したり、宣伝することに力を注ぎます

 

一方、ベンチャー企業は実績がない分イデア勝負です

よいアイデアを思いつけば、若手でもその事業のリーダーにもなり得ます

 

どうせなら自分のやりたいことをしたい!

って思う人が普通だと思いますが

結局、多くの人が(特に高学歴の人は)大手に行きたがりますよね

 

「これだけの学歴があるならこれくらいの大企業狙える」

「狙わないともったいない」

と考えてしまうのでしょうか

しかし

他の選択肢を考えもせず消してしまう方がよっぽどもったいないと私は思います

(全て、調べて考え尽くした上でTOYOTAなら分かりますけどね...)

 

ベンチャー寄りの意見をたくさん書きましたが、

私は大手もベンチャーも対等に見ているつもりです

 

上述した通り、極端にベンチャー企業と大手企業とを分けましたが

実際はどちらの良さも兼ね備えている企業もありますよね

ミドルベンチャー企業というものもあるらしいです

 

仕事を自分の優先順位のどこに置くのかというのも重要かもしれません

(仕事はそこそこにして、趣味の時間を充実したいという人もかなりの数いますよね)

 

私は、仕事メインの生活でそれを楽しんでいるというのがベストだなと考えています

お金のため〜とか社会的地位〜よりも仕事に楽しさを見出すのが理想ですね

(知的好奇心を仕事で満足させたい)

 

 

今後、就職するのか、修士に進むのか、他の何かをするのか

分かりませんがその時の優先順位を考えて、決断していきたいと思います 

 

では、また明日〜