まみずハルカブログ

私の日常もあなたの非日常。とにかく雑多に書いてます。

塾講師をして思ったこと~バイト①~

こんにちは、まみずハルカです

 

今日は私がやったバイトの詳細について書きたいと思います

(ここから4回分の記事はバイトの内容を書くつもりです)

 

バイトをすると経験値があがると信じていたので

大学1年の頃、やる気に満ち溢れてました!

 

まず私が初めてやったのは塾講師のバイトです

大学一年の5月から大学一年の2月くらいまで続けました

(M光義塾です)

 

なぜここで働こうと思ったかというと

塾講師は時給が高いというイメージがあったからです

 

時給2000円くらいは貰えると勝手に考えていたのですが

現実は、

最初は900円で途中から1000円になり

それで最後まで変わらなかったです笑

 

<良かったところ>

・子供と仲良くなれる

小学生から高校生まで教えていました

生徒によりますが、ある程度雑談があります

個人的にはよく話してくれて少し勉強ができない子

教えるのが一番よかったかなーと思います

(全問正解の子に何を教えるのかは悩みどこだからね)

 

・座っていられる

後に、良さに気づいたのですが

塾講は体力的にはダメージが少なかったです

教えているときはスリッパなので足も疲れませんでした

 

<悪かったところ>

・スーツ着用

入学式の時に着たスーツが役に立ったのですが

スーツを着るとあまりリラックスできないので

私は嫌だなと感じていました

 

・交通費の計算が合わなかった

家から遠い所から通っていたのですが

しょっちゅう交通費が違っていました

私はお金の計算をしっかりするたちなので

気づきましたが、気づかない人が絶対多かったのではないかなと思います

 

・国語と生物と社会を教えるのがきつい

国語は文章を読まないと分からないし、

読んでもうまく説明できなくて苦戦しました

(個別指導だったので決められた教科書をやらない子もいるため予習ができない)

また、私が受験で使っていなかった生物や歴史などの授業も平気で入れられるので

あたふたします(たまに新しくできた分野などがあって手こずりました...)

 

・塾長の威厳

いわゆる熱心な先生だったのだと思いますが、

考え方が合わなかったです

(やはり、教育者とは分かり合えない...)

 

・夏期講習のつらさ

スタッフ不足が著しく

朝の9時から夜の21時まで入っている時が何日もありました

(昼休憩や授業の合間の10分休みはある)

 

なかなか大変ですよね

というか労働基準法的にアウトやろと思ったのですが

文句言わずやっていました

(塾長は12時間以上いたんじゃないかな...)

 

こんな感じです

悪いところが多くなってしまいましたが

子供たちとの雑談は楽しかったので良い思い出です

 

総括して思ったことは

私は人を教える立場にいることに向いていないことがわかりました

教えてもらう立場が性に合ってるなと思います

本来

勉強したくないならしなければよい

という考えなので、やる気のない生徒にやる気を出させる

先生にはなれないですね

 

 

では、また明日~