まみずハルカブログ

私の日常もあなたの非日常。とにかく雑多に書いてます。

前髪とサイドと茶色とミディアムロングと

こんにちは、まみずです。

 

街を歩いてるとふと、ほとんどの女性が

前髪とその横の毛(サイド)がありナチュラルなブラウンのカラーの髪

であることに気づきます。(あと、長さはミデイアム)

 

流行ってるからやってるのでしょうか。

一番可愛く見えるからやっているのでしょうか。

美容院の椅子に座ったら自動的にその髪型になるのでしょうか。

 

どのような意図でその髪型を選択しているのかわかりません。

しかし、こんなにも同じ髪が街中に溢れていると見ている側はつまらないなと感じます。(少なくとも、私はそう感じます)

 

やってるほうも

「他の人と区別がつかないこと」は嫌なはずです。

(誰もが多かれ少なかれ自己顕示欲を持つから。)

 

みんな同じ髪型にすることで他の部分で評価される。

つまり、顔の要素が余計大きくなってしまうと思います。

(顔の面積を小さくするために作っただろう前髪が、顔の重要度をあげてしまうというジレンマ...)

 

美人は皆と同じことをすることで際立ちますが、

美人ではない人は同じことをしていても美人の引き立て役にしかならないと思います。

 

そこで派手髪や刈り上げにする必要はないと思いますが、

他の所を目立たせることで顔の重要度が下がると考えます。

 (顔以外の)別の所で評価してほしいと願う女子は髪型を一般化しすぎない方がよいと考えます。

 

もちろん、同じ髪型をしていたとしても評価してくれる人はいます。

しかし、その普通すぎるスタイルで第一印象の時点で興味を持ってもらえないことはあると思います。

 

私自身、パッと見た時に「自分らしさがない人」と感じる人には自分からは近づかないです。 

 

「人と違うことをする=人に見られる=嫌われるし、好かれる」と思います。

(好き嫌いの振り幅が大きくなる)

 

誰からもそこそこに好かれたい(嫌われたい)か、

根強いファンをつけたいかの二択ですね。

 

私は圧倒的に後者を推します。

 

人間関係で置き換えると

 広く浅くタイプか、狭く深くタイプかの二択かもしれません。

 

広く深くタイプが一番良いですが、これができるのは才能がある人と尋常でない努力をする人に限られます。

凡人は時間のコントロールが下手なのでほとんどが上記の2パターンに分かれると思います。

 

狭く深くタイプを推すわけではないですが、

仲良くなりたいと思えるのはこのタイプかなと個人的には思います。

(信頼度が高いため)

 

話が逸れましたが、言いたいことは

 「みんな髪くらい遊ぼう!」

「会社もそれを許そう!」

 

 

では、また〜