まみずハルカブログ

私の日常もあなたの非日常。とにかく雑多に書いてます。

企業の先輩社員の学歴やはり気になる

毎度、まみずハルカです。

 

現在私は大学3年生であるため、就職をぼちぼち考えています。

そこで、リクナビのアプリを使って企業を調べるのです。

 

一般的な大学生がエントリーするインターンの基準は明確です。

 大抵、初任給や社員の出身校(主な採用校)や採用学部を見ます。

そして、自分が入って妥当だなという企業にエントリーします。

 

私も例外ではありません。採用大学欄に名前も知らないような大学が羅列されていると

いくらHPに魅力的なことが書いてあったとしても受けることはないでしょう。

 

しかし、大手企業など有名大学出身者を大量採用している所でも

無名の大学が載っているケースが少なからずあります。

そこを見ると、「学歴の差えぐいな」と思ってしまいます。

(東大とFラン大学の組み合わせも結構あります!)

 

もちろん企業は、「学歴ではなく人間性」で就活生を選ぶべきだと思います。

しかし、就活生の中には「良い企業に就職するために良い大学に入学する人」が

多いと思います。つまり、良い企業に就職するために高校時代の遊びを犠牲にしたということです。

しかし、それもむなしくF欄大学生の一部の人と同じスタートラインに立つことになるのです。プライドが高い人はさぞ悔しく感じるでしょう。

 

高校の頃、「必死に勉強して他のことを後回しにした人」と

 「勉強しないで友達をたくさん作ってコミ力をあげた人」が

最終的に同じ企業に就職するのは感慨深いですね。

 

よくインターンに行くと

学歴の低い人が「就職は学歴!」と言い

学歴の高い人が「就職は学歴じゃない!」と揃いも揃って言っているのを耳にします。

 

しかし、心底はそれぞれが真逆のことを思っているのでしょう。

(みんなそういう顔してます笑)

 

学歴の低い人は、内定を貰えなかった時の保証として「学歴のせい」にします。

学歴の高い人は、内定をもらえた時「学歴ではなく自分の能力」で受かったと思いたいのです。

結局、自分の何かしらのプライドを守るために伏線を張っているのかもしれませんね。

 

一方、企業の人は「学生の人柄で選んで蓋を開けて見たら高学歴だった」

と言っている人が多いです。

私が新卒人事担当だったら、話を聞いて差がないなと感じたら、高学歴の方を選んでしまうと思います。

 

何にせよ、就活生も企業を選ぶ立場であるため

 先輩社員の学歴や人事担当の学歴は気にしてしまいますよね。

では、また〜