まみずハルカブログ

私の日常もあなたの非日常。とにかく雑多に書いてます。

【受験】九大に向いている人の特徴

こんにちは、まみずハルカです。

私は、九州大学4年生です。

4年間九大に通ってきて、九大生らしさというものが見えてきたなと感じます。

今回は、九大にぴったりの人の特徴を書いていこうと思います。

受験生は参考にするように

九大生は共感するように。

 

・九州で就職したい人

 

九州の就職は九大の天下と言っても過言ではありません。

企業であれば、九電・西鉄地方銀行に強いです。

また、県庁や市役所などの公務員になる人も多くいます。

九州を離れたくない!」「福岡LOVE!」という学生は九大に行きましょう。

 

・留学生と関わりたい人

 

九大には留学生がたくさんいます。

そのため、留学生と関わりたいという意思があればいくらでも関わることができます。

留学生ホームステイ受け入れ・サポーター・チューター・ランゲージエクスチェンジ

などがあります。

また、ドミトリーや協奏館に住むことによって留学生との交流ができます。

外国人の友達が欲しい!」「前世、イタリア人!」という学生は九大に行きましょう。

 

・キラキラ大学生が苦手な人

 

安心してください。九大生のほとんどはキラキラJDではありません。

たまに、バスでキラキラ女子を見ますが大抵インカレサークルに入っている福女です。

(または、看護学科学生。または、2プロ学生。)

九大女子の総評としては、「愛嬌がある素朴な女の子」と言えます。

インキャ予備軍諸君も案ずることなかれ。

 

・図書館にこもりたい文学学生

 

我らが伊都キャンパスには、中央図書館という九大の宝があります。

吹き抜けがあり、居心地の良い変な形のソファがあり、勉強机がたくさんあります。

中央図書館は文系ゾーンに位置しているので、文系学生にとってとても便利だと思います。

綺麗な図書館で学生生活を終えたい方は必見です。

 

・都会に疲れた現代人学生

 

伊都キャンパスは畑さん森さん牛さんに囲まれたのどかな場所に位置しています。

 つまり大学までの道中、視界には自然が飛び込んでくるでしょう。

緑のない都会で荒んだ心を癒すのはやはり自然が一番ですね。

自然のパワーを借りて、瞑想したり心をリラックスさせ本来の力を取り戻しましょう。

 

 

以上、簡単に私が思う九大にオススメな人の特徴を書いてきました。

とは、言いつつ「住めば、都」ですね。

 

自分に合う合わないというのは実際に経験してみなければ、わかりません。

だから、このようなブログの意見に惑わされず突飛な選択をするのも悪くないように思います。

 

では、また〜