まみずハルカブログ

私の日常もあなたの非日常。とにかく雑多に書いてます。

【実証済】三日坊主はカレンダーで救われる

毎度、まみずハルカです

 

同じことを継続的にすることが苦手な私ですが

無理やり、継続させるための必殺技があります

(三日坊主と書いてまみずと読む...)

 

それは、

カレンダーに記録を取ること

 

{小学生の頃、夏休みの朝にラジオ体操が近くの公園で行われていましたね

参加したら、カレンダー用紙にシールを貼ってもらったことを思い出しました

続ければ続けるほど、シールが途切れてしまうことを防ごうとします

つまり、行かなくてはいけないと使命感に駆られます

そして、毎朝元気にラジオ体操をするようになったのでした}

(証明終)

 

カレンダーに印をつけていくことは

簡単ですが、意識しなければやらないことですよね

 

しかし、私の場合

カレンダーを利用することで継続の成功率が異様なほど上がりました

(カレンダーと私の相性が良いだけかわかりませんが)

 

なぜ、カレンダーで記録することで継続率がアップするのか

分析していこうと思います!

 

まず、自分がやったことを視覚化することができます

そのため、数日経ったあとにでもその事実を確認することができます

 

逆に、視覚化しなかったらどうでしょう

いつから始めたのか、この日はやり遂げたのか

記憶があやふやになります

続けることができた日数が一目でわかり、それが

列になって整然として見えるのは、気分が良いでしょう

 

また、1日でもやらない日を作ってしまうとカレンダーの1日が

穴あき状態となってしまいます

カレンダーを綺麗に保ちたいが故

無理やりにでも継続を続けることができます

(理由はなんであれ、続けることが大切なことが多い)

 

そこまで来ると、もう継続はできるようになります

継続ができた後のメリットとしては

自分に自信がつくというのが挙げられます

 

少なくとも、この期間は真っ当な日だったと思うことができます

 

充実した日々を送っていたとしても、一刻一刻と

その記憶は薄れていきます

1週間前、1ヶ月前の今日何していたか思い出せますか?

 

カレンダーに印をつけておくと、その日を振り返った時

その日に対する満足感が得られます

1日1日がの重みが感じられることでしょう

 

充実した日を送ることができた→そんな自分に乾杯!

となるわけです笑

 

カレンダーに記録をするのはとても簡単ですが、

上で述べたように高い効果が得られると思います

 

このブログカレンダー機能で毎日の記事が記されているため

続けられていますし

 

春休みの間、トイックの英語の勉強をしているのですが

勉強した日をカレンダーにチェックを入れています!

 

自分の意思だけでは行動をコントロールすることは難しいので

自分にあった仕組み(家具の配置、運動習慣など)を見つけると良いですね〜

 

では、また明日〜