まみずハルカブログ

私の日常もあなたの非日常。とにかく雑多に書いてます。

マルチ・ポテンシャライトという人について【好奇心旺盛/飽き性な人必見】

こんにちは、まみずハルカです。

みなさんは、マルチ・ポテンシャライトという言葉を知っていますか。

私は、1週間くらい前にこの言葉を知りました。

マルチ・ポテンシャライトとは、

興味が移り変わりやすく、多様性を重んじ、クリエイティビティに向いている人」のことです。

 

 

<マルチ・ポテンシャライトとマルチタスカーとADHDの違い>

 

まず似た特徴を持つ人として、マルチタスカーADHDの方が挙げられると思います。

あくまで私の認識ですが、ざっと違いを書いていきます

 

マルチ・ポテンシャライト

ある時点で別の対象に切り替わる。期間は3ヶ月くらい。今まで熱中していたにも関わらず、突然「見えた...」と思い興味が減衰する。

(のちに紹介する本の中には4パターンの特徴が書かれていましたがこのパターンが一番わかりやすいので採用しときます。)

 

マルチタスカー

物事を同時並行で行う。脳内で物事を切り替えずにできる。もしくは、短時間(数分数秒単位で)で切り替える。「ラジオを聞きながら勉強」など。対象は2個から3個などある程度絞った中で行き来しているイメージ。

 

ADHDの人(または、隠れアスペ)

興味が瞬時にバチバチ変わる。特定の興味を行き来するのではなく、範囲は広い。手当たり次第興味を持つ。

 

マルチタスカーとADHDの人はマルチ・ポテンシャライトではないと私は思います。

しかし、その特徴の違いがどこにも記されていなかったので書いておきました。

 

<マルチ・ポテンシャライトと私との出会い>

 

さて、話を戻します。

私が、この言葉「マルチ・ポテンシャライト」を知ったきっかけはグーグル検索です。

たしか、「興味が変わる」と検索したと思います笑

そして、マルチポテンシャライトという考え方を知りました。

 

マルチ・ポテンシャライトの特徴をざっと見た瞬間、「これ、私やん!」と思いました。そこで、この考え方を提唱したエミリー・ワプニックのTEDトークを聞きました。

正直な感想として、曖昧だなと思いました。具体的に、マルチポテンシャライトが生きていくための手法を言っていなかったからです。ただ「マルチ・ポテンシャリストは素晴らしくて世界の役に立って必要な人間であること」を強調しているように見えてしまいました。もちろん、TEDトークは時間に限りがあるため十分な情報を視聴者に伝えるのは不可能だから仕様がないですね。

 

そして、このエミリー・ワプニックが書いた

マルチ・ポテンシャライト好きなことを次々に仕事にして、一生食っていく方法』という本が目に止まりました。

本の題名からして、典型的な自己啓発本という印象を持ちました。

 

レビューを見ると、「この本で救われた」「自分を認められた」などの宗教の信者のような書き込みがうようよしていてなぜか私はイライラしてしまいました。

私が不満を持った理由は、「この人たちは、真のマルチ・ポテンシャライトではない。ただのフリーター・ニートもしくは意識高い系かぶれやろ。自分を美化するために、自分の都合の良い考え方に寄生するのは痛すぎる。」と感じてしまったからです笑

 

どうして、ここまで攻撃的な意見を持ってしまったかというと私はこの気質でとても生きづらさを感じていたからです。つまり、苦しんでもないのに短絡的に自分はマルチ・ポテンシャライトだ!(ドヤ)というレビュアーに一抹の憤りを感じてしまったのです。

(これは、私の問題です。すみません。)

 

一つのことに固執する人が評価される世界にずっと生きていたからかもしれません。まず、評価されるとは「表彰されること」「コンテストで優勝すること」「成績で一番になること」などです。

つまり、特定の分野に秀でていないと評価されないスペシャリスト優位の世の中なのです。その中で、生きてきて「マルチ・ポテンシャライト」の概念を知っただけで「自分自身が救われる」はずがないのです。少なくとも、スペシャリストが優位な社会は今すぐ変わるわけがないからです。

さて、自称マルチ・ポテンシャライト批判はここまでにしておきましょう。

 

<この本を読む前の違和感>

 

私は、この『マルチ・ポテンシャライト好きなことを次々と仕事にして、一生食っていく方法』という本を読んで見ることにしました。そもそも、私は自己啓発というジャンルの本はあまり読んだことがありませんでした。所詮、「自分の人生を自分で肯定できないから誰かの理論を借りて自分を認めよう」という他力本願な人が読むための本と思っていたからです。(あくまでイメージです)

そのため、

ブログでこの本を批判しようと思ったのがこの本を読もうと思った理由です笑

読む前から考えていた批判は次の通りです。

 

・結局、社会はスペシャリスト優位で、マルチ・ポテンシャライトは中途半端な名も無き人になる運命なのではないか

 

・誰もがマルチ・ポテンシャライト性を含んでいるから、この概念が広まったら勘違い意識高い系フリーランスが蔓延するのではないか。

 

・ただの飽き性はマルチ・ポテンシャライトではないのでは。

 

<この本から私が得たもの>

 

このように、批判を用意していた私ですがこの本は意外にも面白かったです。

マルチ・ポテンシャライトが生きていくためのたくさん知恵が書かれていたからです。

 この本に書かれていることを要約するのはだるいので、自分の学びになった事柄だけを太字で記していこうと思います。(気になる方は、自分でこの本を買って読んでください笑)

 

・自分のマルチ・ポテンシャライトの特性がどう活かすことができるのかを人に説明できるようにする。

マルチ・ポテンシャライトの強みは異分野を行き来することができることです。このことで、斬新なプロジェクトを生み出すことができます。この「できる」というのは妄想であり、実現しなければ意味がないと思います。つまり、自分のこの特性をどう生かしどのように会社や事業に貢献できるのか、周囲の人や上司にプレゼンできなければいけません。そのためには、プレゼン力を身につけようと心の底から思いました。

 

 

・興味あることに時間を決めて、徹底的に向き合う

日常生活の中で、趣味に没頭したり別の分野の勉強に手を出すのは難しいです。

時間的にも肉体的にも精神的にも、自分の日常に追われているからです。

しかし、この40分だけと決めて自由に調べ物をしたりブレインストーミングすることで解決できます。時間を決めると、効率化できます。「新しいことを始めたいけど時間がない」というのは、日常に溺れているに過ぎないのです。これは、もったいないと思いました。

 

・たくさんのスペシャリストと話す

マルチ・ポテンシャライトが持った興味は多種多様です。だからこそ、多くの人と話が合いますスペシャリストと話すことも可能です。

これにより、広く浅い知識から広く深い知識に変容すると思います。より、多面的に分析把握できる人材になれることでしょう。

 

・選択(決断)は、思っているよりも柔軟なものであること

興味の対象が移り、時には転職など大きな決断と思われることがあるかもしれません。しかし、一度決めてしまっても一生動くことができないような選択はないのです。ある意味、気楽な選択でもよいのかなと思います。(調べることはしっかり調べた上でね。)

 

以上が、この本から私が学んだ教訓でした。

以前、私がマルチ・ポテンシャライトという言葉を知る前にスペシャリストについて記事を書きました。

 

mamizuharuka.hatenadiary.jp

世の中がスペシャリストを求めていたとしても私の気質上、合いません。

だから、「スペシャリストにならなければ!」と思って生きるのではなく

自分は異分野を彷徨ってよう!」と心に留めて置こうと思います。

前にも書きましたが、

二兎を追うものは一兎も得ず」という共通認識があるこの世でも

一億兎を追おうではありませんか!!!

 

では、また〜