まみずハルカブログ

私の日常もあなたの非日常。とにかく雑多に書いてます。

ネット通販ヘビーユーザーによる返品への憂鬱

こんにちは、まみずハルカです

私は大学一年生になった瞬間にクレジットカードを作り、amazonprime会員になりました

あれから早3年、今でもamazonprime会員の地位を築いています(?)

そんな私はネット通販で頻繁に買い物をするのです

 

特に、よく買うものは衣類やバッグです

ネット通販の良さはウィンドーショッピングと比べて

少ない時間でたくさんの種類の商品が観れることがメリットだと思います

 

私は個性的な柄の洋服が好きなので、

検索バナーに「個性派」「レトロ」などと打ち込み自分好みの服を探しています

ファッションビルに売っているような洋服はどれも同じような服に見えてしまい

私の琴線に触れるような洋服に出会うことはほとんどありません

(何度、「服を買おう!」と意気込んだ末に一着も服を買わない事態になったことか...)

 

このように、ネット通販で洋服を買うメリットが私にとって大きいものであるため

ネット通販はやめることができません

 

一方で、巷でのネット通販否定派の意見としては

「サイズが合わないことが多そう」

「画像と違うもの(安っぽい布)が届きそう」

「不良品が届きそう」

この3点が主だと思います

 

上記2点であれば、

「お客さま都合の返品」として送料を払いさえすれば返品は可能です

 

問題は3つ目の「不良品」についてです

正直、主に出品者が外国(中国や韓国)の場合高確率で不良品のことが多いです

ネット通販ヘビーユーザー私が実際にあった不良品を挙げていきます

 

・バッグの装飾(アクセサリ)が損傷している

・ポケットに穴が空いている

・置き鏡の作りが不安定

・リュックの付属品が足りていない

このような感じです

 

本来、初期不良の場合は出品者が迅速に対応

全額返金をしなければいけません(通販サイトによるが、基本そう)

 

しかし中国などの海外に出品店がある場合、送料が高くなってしまうため

出品者は返品は極力避けたいと考えるのです

 

私が一度経験した例として

「販売価格の30%返金するから、返品しないでくれ。」と交渉されたことがあります

私はこれに対してとても腹を立てました

だから、全額返金するというまで戦ってやろうという決心をいました

初期不良にも関わらず、返金してくれないのはおかしいのです

(返品の規定をよむと初期不良の場合は100%返金すると書いてありました)

 

その中国の会社はガメつく、少しづつ返金提示額を上げつつも全額返金しようとしませんでした

メールで返金の要請をしていたのですが、どうやら日本語が噛み合っていないようなのです

問いに対しての返答はせず、要求のみをしてくるという事態になりました

骨が折れましたが結果、全額返金に漕ぎ着きました

しかし、この労力精神的ダメージ(「私は悪くないのに〜」と泣きました)

商品の返送の手間を考えるとコスパが悪いなと思ってしまいます

この事件があって移行、出品店が海外にあるネット通販は使わないようになりました

 

返品の愚痴を書いてしましましたが、ネット通販の返品トラブルの大変さを痛感しました

 

みなさまも、お気をつけてご利用ください

では、また明日〜