まみずハルカブログ

私の日常もあなたの非日常。とにかく雑多に書いてます。

テスト前の猶予期間の無駄さ

どうも、まみずハルカです

 

今回は、私が高校生からずっと思っていたモヤモヤについて書こうと思います

 

さて

学生の本望は「勉強」ということになっていますよね

(あえてここは否定しません)

 

そして

どの学生も悩みのひとつになるのがテストです

 

「勉強が終わらなーい!」というギリギリに勉強スタイルの方には

「今をがんばれ!」としか言えないのですが

 

問題は、

「試験が来週にあるけど、まだ本気にやらないくていいよな」

という期間が生まれてしまう人いますよね(テスト前のいつもの私です)

 

つまり、「勉強しなきゃいけないな」と思いつつ

「今本気にやってもテスト前にどうせもう一回やるから今やるのもったいないなー」と

いまいち勉強エンジンがかからないのです

 

かと言って、テスト前ということで遊びに行くのも自制してしまい

結果、だらだらと勉強をするという事態に陥ってしまうのです

 

だから、いつもテスト前の微妙な期間にもやもやしていたのです

 

理想としては

テストも受験も前倒しができたら良いのになって思うのです

 

「完璧に勉強した!」と思ってからすぐにテストの日を迎えることができれば

このモヤモヤ期間を過ごさずにすむのです

(合理的だと思います)

 

学校では「前もって勉強しなさい!」と教えられているはずなのに

前もって勉強をしている人の方が、時間的に損してます

(「長期的な記憶力のためには何回も勉強したほうが良い!」と反論が来そうですが、今の日本の教育は「テストの点数がすべて」という施行がされていると私は思っているので「学び」についての視点はここでは書きません。あくまでもテストの効率の話です。)

 

正直、今の現状では

勉強が早く終わった人は待つ

というように勉強ができない人に時間を合わせなければいけないのです

これはできない人ができる人の足を引っ張っていることと同じです

(時間を無駄にさせている)

 

だったら

勉強できる人はその先進めるような仕組みを作って、放置する(勝手に勉強させる)のがよいと思います

(日本の学校はできない人の底上げが目的なのでしょうから、できる人にはきっと時間を掛けたくないのでしょう)

 

 

私は、ずっと(小学校から高校まで)待つ側の人間でしたが

待つことの無駄さに気づき勉強しない側の人間になってしまったと思います笑

(大学生になってから)

 

学生の学び意欲を低下させるような教育環境はよくないですよね

 

(結果的に教育批判になってしまった笑)

 

 

ではまた!