まみずハルカブログ

私の日常もあなたの非日常。とにかく雑多に書いてます。

カリフォルニアの大学と日本の大学の違い〜留学編〜

毎度、まみずハルカです

 

今日は前回に引き続き、2017夏に行った

5週間サンノゼ留学でのことを書いていきます

 

カリフォルニアのサンノゼでの留学は

平日は現地の大学で英語を学びました

と言っても現地の学生と一緒に授業を受けるものを少なく、

一緒に行った日本人と一緒に現地の先生から教わる形式が多かったです

英語でのプレゼンやディスカッションが多く

これらが苦手な私にとって、とても成長できたと思います

 

それは、良いとして

アメリカの大学と日本の大学の違いを

挙げていきたいと思います

 

・構内をスケートボードで移動

敷地が広いことも理由なのでしょう

アメリカは学生のスケボ率が高いです

(少なくとも私の大学ではスケボで通学している人は見たことありません)

なかなか早いスピードを出している人も多く

何回か衝突しているところを目撃しました

絶対、危ないと思いますが

スケボ禁止にならない所がアメリカっぽいですね笑

個人的にスケボが格好良いなと思っていたので

現地の人に借りてやってみました

が、簡単そうに見えて想像以上に難しかったです

ゆっくりでもあんなに怖いのに

スピードを出すのは気が知れません笑

 

・人種が様々

黒人白人アジア系など

来る人来る人いろんな人にすれ違います

日本の大学は、留学生がたくさんいる所でも

大抵、日本人が一番多い人種なはずです

しかし、アメリカの大学はダイバーシティな人たちがいて

グローバル感を味わうことが出来ました

 

・学食がアメリカン

学食はピザ、ハンバーガー、タコスなど

日本ではあまりみられない学食が入っていました

私は、タコスが気に入って何回も食べました

今まで、数える程しか食べていなかったタコスですが

私の人生史上一番タコスを食べたなと思います!

また、ドリンクがセルフドリンクになっていて

カップを買って飲み放題とすることが出来ます

コーラやレモネードなどいかにもアメリカっぽい

ものばかりでしたが、よく飲んでいました!

 

 

・部屋のセキュリティ

構内や校内は自由に入れるのですが

部屋は戸を閉めるだけで鍵がかかる仕組みになっています

だから、授業前は先生が先にきて

ゴミ箱などで抑えていたり、遅刻したときは

中にいる人に開けてもらわなければなりません

きっと、解放しっぱなしだと

不良や不審者の温床になるのでしょう

 

以上、サンノゼの大学について思ったことでした!

 

では、また明日〜