まみずハルカブログ

私の日常もあなたの非日常。とにかく雑多に書いてます。

ゲーマーとは対極にいる私のゲーム人生

毎度、まみずハルカです

 

今日は、私のフィールドではない「ゲーム」について語ろうと思います

 

現在、私はゲーム機所有数0・スマホのゲームアプリ0という

ゲームから隔離された生活しています

 

しかしこんな私でも、昔はゲームを1日中しているほどハマってた時期があるのです

 

発端は、小学校1年生の時に買ってもらってDSだと思います

多分、初期のやつです

 

ポケモンダッシュ」というポケモンがいかに早く走るかを競うソフトを買ってもらいました

初めて、買ってもらったソフトだったので何時間もDSに食らいついていた記憶があります

(今考えるとクソゲーだよな...)

 

その他に、思い出に残るソフトは「わるお」です

これは気が狂ったようにやっていました

クリアした所も、やれるところまでやり続けていました

結果、DSの画面が崩壊してしまいました

(画面がビリビリに笑)

 

これらは頭を使うものではなく、単純作業のようなゲームでしたね

でもこれこそが

「ゲームの中毒性」の原因だと思います

 

他には「たまごっちがありました

友人たちはは首からたまごっちをぶら下げて遊んでいました

帰る時間もたまごっちの時間を見て帰れるため、時計の代わりにもなって便利ですね

(親が置い与えやすいのかもしれない)

 

私が持っていたものは普通のサイズではなく中くらいのサイズでした

 ミニゲームをひたすらやり続けていたと思います

常にたまごっちを携帯し、合間合間にいじっていました

 

「たまごっち」に飽きたきっかけは、はっきりと覚えています

時間の設定を変えると、新しいキャラ(?)が来ることを知った時です

 

その後は、iPodスマホのゲームにハマりました

RPGなどの映像綺麗系のゲームは一切手を出さず、ハマるのはやはり単純系のものでした

 

テトリス

パックマン

蛇のやつ(名前知らん)

球を壊していくやつ(名前知らん)

 

これらが、特に時間を費やしたゲームだと思います

(昭和に存在していたゲームばかり笑)

肩や手を痛めながらずっとやっていました

「クリアした!」と思うためではなく、義務として無心にやっていたと思います

(この感覚わかるかなー?)

 

このように、一生分のゲームを小中高でやりきったと自負しています

だから、大学に入ってからゲームをほとんどやっていないです

(そういえば、Wiiも家にあったのにそこまでハマらなかったな...)

(きっと、ゲーム好きの人は「単純系は真のゲームではない」って思うんだろうな...)

 

では、また〜