まみずハルカブログ

私の日常もあなたの非日常。とにかく雑多に書いてます。

旧帝大合格のためにやってはいけない3つの勉強法

毎度、まみずハルカです

 

今日はやってはいけない勉強法を紹介します

 

私は大学受験を経て

九大理系に入ったわけですが

自分なりに勉強法に関しては

模索してきたつもりです

 

そして

勉強時間の割には

効率よくできたかなと思っています

 

よく友達が1日10時間勉強する話や

徹夜して勉強する話を聞いていましたが

私は

家では

ほとんど勉強した覚えがありません

 

夜は11時くらいに就寝しますし

 

親は私が勉強している姿見たことない!

と言い、呆れるくらいです笑

 

もちろん

自分で

探して

自分にあったやり方をするのが一番だと思いますが

模索する時間がない!という人のために

書いていきたいと多います

参考までに...

 

1. まとめノートを作らない

 

中学生の頃、まとめノートを作るのが流行っていた気がします

 

教科書に載っていて重要なところをノートに

綺麗に書いていくやり方です

オレンジや赤ペンで書いて

赤シートで隠して

暗記していくというなんとも原始的なやり方...

 

これは

書くことが記憶の定着に良いという考えの元

行われていたと思いますが

非効率極まりないです

 

なぜなら

書くのに時間がかかる

・文字を(綺麗に)書くことに集中し、内容を考える時間が途切れる

からです

 

2. 人と勉強する

 

これは言わずもがな良くないです

せっかく集中していたのに

友達が話しかけてきて集中を妨害...

いつの間にかお菓子タイムに...

 

この方法は

自分がわからない時に

すぐ質問できるから良いじゃん

という考えから来る勉強法ですが

 

問題の答えは教科書に書いてあるし

それでもわからなかったら

ネットで調べれば

いくらでも

出て来る時代です

 

ちなみに

私は

先生に質問しても良い回答がくる保証がないと思っていたので

ほとんどすべて

問題は自力で解消してました!

(ネットさまさま)

 

3. 暗記を椅子に座ってする

 

暗記を勉強時間に

入れてはいけないと思っています

 

椅子を座ってやることは

つまり

机に向かわないとできないことだけを

やれば良いのです

 

数学、物理など式を書くものは

机でやると思いますが

 

暗記系は机でやるのは勿体無いと思います

煎じ詰めれば

国語も机でやらなくてもできますよね?

 

試験本番前は

緊張感を持つために

机でやる必要がありますが

(線とか引いたりね)

 

実力を付ける段階では

良い意味で 軽く 解けば良いのです

 

3つほど

してはいけない勉強を紹介しましたが

次の記事では

その代替案として

オススメの勉強法を

紹介しようと思います

 

では、また明日〜